利尻カラーシャンプー※口コミ・体験【染まらない原因】

染まりにくいのは髪質に原因!

私はずっと利尻ヘアカラートリートメントを使って白髪染めをしてきました。

そして同じくサスティから発売された白髪染めシャンプー「利尻カラーシャンプー」がものすごく売れているのを知りました。

でも本当にシャンプーで白髪染めができるのでしょうか。

白髪染めができるのだったらこれほど便利なものはありません。

そこで、口コミサイト大手の「アットコスメ(@cosme)」を見てみました。

rishiri-cosme

ちょっと驚くくらい評価が低いですね。

口コミの件数は少ないですが、「染まらない!」という声が多いです。

一方で楽天市場の口コミはどうでしょうか。

【楽天市場】利尻カラーシャンプーの口コミ

こちらは「徐々に染まっていく」と完全に反対の声が多いです。

そこで、ここは実際に自分で試してみた方がよいと思いました。

CIMG7037

ちょうど1本あたり1,000円の割引キャンペーンをやっていたので、普通に購入するよりも安く購入することができました。


使用前と使用後を比較してみました!

まず、こちらが利尻カラーシャンプーを使う前のものです。

私の場合は、髪の生え際や分け目の部分に白髪が多いですが、髪の色を明るくしていればそれほど目立つわけではありません。

CIMG7005

次に、利尻カラーシャンプーを10回使った後のものです。

光の当たり具合でよくわからないかもしれませんが、全体的にだいぶ色が変わったという実感があります。

生え際や分け目の白髪も少し色がついてきた感じです。

使い続けることでもっときちんと染まっていくと思います。

CIMG7034

では、なぜ染まるか染まらないか評価が分かれるのでしょうか。

使い方は簡単なので、使い方によって評価が分かれるとは考えにくいです。

そこで原因として考えられるのが、使う人の髪質によるということです。

結論から言いますと、髪が傷んでいる人の方が染まりやすいです。

私がずっと使ってきた利尻ヘアカラートリートメントもそうですが、コーティングで白髪を染めるタイプのものは、傷んだ髪ととても相性がいいのです。

傷んだ髪はキューティクルが剥がれたりしていて、髪の表面は凹凸状になっています。

凹凸があるとその部分に色が付きやすいのです。

これに対し傷みの少ない健康的な髪の毛は表面もつるつるしているので、逆に染まりにくい結果になってしまいます。

もし利尻カラーシャンプーを使ってみて全然染まらないことになってしまった場合は、逆に自分の髪質が健康的だと喜ぶべきなのかもしれません。

その場合はシャンプーはあきらめて、もっと強力に染まる利尻ヘアカラートリートメントの方を使った方がよいと思います。

>>> 利尻ヘアカラートリートメントの詳細・公式サイトはこちら









【関連記事】
利尻カラーシャンプー※口コミ・使い方・最安値比較【楽天・Amazon】