カテゴリー別アーカイブ: 社会

東京五輪エンブレム取り下げへ向かうのか

2020年東京五輪のエンブレム制作を手がけた佐野研二郎氏の周辺が騒がしくなってきているようです。

東京五輪エンブレムについて海外のどこかから盗用疑惑を指摘されたときは、正直なところまったく気にしていませんでした。

しかしその後ネット上でこれまでの作品がいろいろと「似ている」と指摘されているのを見てしまい、私の中では東京五輪エンブレムについても大きく疑惑が膨らんできました。

とくにサントリーがキャンペーン賞品としている佐野氏が手掛けたトートバッグについて、既存のデザインと酷似しているものがいくつかあります。

これについては動きが早かったです。

サントリーは30種類のデザインのうち8種類を賞品から取り下げることにしました。

佐野氏から申し出があったためということです。

CIMG9907

これは佐野氏が盗用があったことを認めたとも判断できますが、詳細はわかっていません。

この動きからすると、早い段階で東京五輪エンブレムについても何らかの動きがありそうです。

佐野氏から自発的にアクションがあるか、それとも五輪関係機関からの圧力で取り下げへと向かうのか。

新国立競技場との件も含めて問題が噴出しているだけに、早く事態を収束させてほしいと思います。

新聞なんてそんなもの

新聞に対する信頼感が低下しているようです。

公益財団法人の新聞通信調査会が行った8~9月に行った全国世論調査で、新聞の信頼感が「低くなった」と答えた人が昨年の5.6%から10.2%に増えたそうです。

8月5日に朝日新聞が過去の従軍慰安婦報道の一部を取り消しましたが、これが影響しているようです。

さらに朝日新聞は9月11日に福島原発事故に関する吉田調書に関する記事の誤りを認めましたが、この時点ではすでに調査は終了しています。

したがって、この後に調査を行えばさらに悪化した数字が出たものと思われます。

ひとくくりに朝日新聞の「誤報」問題が影響しているとされていますが、やはり「誤報」という表現には違和感を覚えます。

私の感覚からすると、誤報とはそれなりの取材・資料をもとに報道したが、結果的には誤りであったというものではないかと理解しています。

しかし、朝日新聞の場合は誤報とは次元が異なります。

明らかに事実を歪曲する意図が見えます。

自らの主義をもっともらしく主張するためであったのでしょう。

でも一歩引いて見れば、新聞なんて誰でも発行できるし、そこに書く内容なんて自由です(ただし自由には責任が伴います)。

所詮新聞なんてそんなものと思う必要があるかもしれません。

エンシェールズ・カラーバター※使い方・最安値価格【楽天・Amazon】

元プロ野球選手・清原和博氏が離婚

最近の週刊誌で離婚危機を報じられていた元プロ野球選手の清原和博さんですが、離婚したことが発表されました。

残念というか、何と言っていいか。

私は今は仙台に住んでいるので楽天イーグルスを応援していますが、学生時代はずっと西武ライオンズのファンでした。

中でも清原さんはプロ1年目から応援していました。

あれから長い年月が経ちますが、今思うと、ライオンズ時代の清原さんが一番よかったのかなという印象があります。

巨人に移籍してからは苦しいことが多かったと思います。

厳しい言い方をすれば、あとは転げ落ちるだけという感じでした。

それでも長くユニフォームを着ていたのは立派だったと思います。

ただ引退してからはその後の生き方を模索する日々だったようです。

野球人というよりは、芸能人よりの生活だったでしょうか。

もったいないなとずっと思っていました。

「野球人として、今できることに全力を尽くしていく所存です」とコメントしています。

清原さんはもうスターじゃないです。

まだスターとして扱ってほしいのであれば野球人として生き残ることはできないでしょう。

引退してからも野球人として生きるのであれば、現役時代と同じように生き残ることに徹しなくてはなりません。

早く自分の居場所を見つけてほしいと思います。

空き家がどんどん増えている

新聞を見ていたら、総務省の住宅・土地統計調査で、全国の空き家率が13.5%となり、過去最高になったとありました。

住宅が10戸あるとしたら1戸以上は空き家となっているということになります。

私の実家の町なんかも例外ではなく空き家が増えているという実感があります。

たまに実家に帰って近所を歩いても、子供の頃は誰かが住んでいたという記憶がある家が完全に空き家とわかる状態になっていることがよくあります。

私もそうですが、就学のため町を出てそのまま帰らなくなってしまった人が多いのだと思います。

でもそれは田舎での空き家が増える原因に過ぎません。

空き家の増加は都市でも起きているのです。

なぜならそもそも人口が減少しているからです。

それにもかかわらず新築の住宅はどんどん供給されます。

空き家の対策は難しいです。

空き家をどうするかは基本的に所有者次第です。

自治体が税金を使って積極的に何かをするほど優先順位が高い話でもありません。

やはり根本的な問題は人口が減ってきているということです。

これについては政府をはじめいろんなレベルで対策が話し合われています。

やっている方向としては間違っていないと思います。

羽生結弦パレードが800万円の黒字に

フィギュアスケート羽生結弦選手の凱旋パレードが26日に仙台市で行われました。

当初は五輪公式スポンサー企業からの協賛金が思うように集まらず、パレードの開催が危ぶまれていました。

急遽パレードの記念Tシャツを1枚2000円で販売してパレードの費用をまかなうことになりましたが、このTシャツが予想外の大ヒットとなりました。

販売予定数2万枚のところ、結果的に2万9千枚も売れてしまいました。

その結果、パレードの収支はどうなったか。

見事に800万円の黒字となりました。

この800万円の剰余金については、これからどう使うか協議するということです。

去年の楽天イーグルスの優勝パレードのときも結果的には黒字になりました。

でも今回の羽生結弦選手の場合は人気が全国区ということもあって、費用が足りないこととTシャツを販売することがニュースで流れると一気に爆発しましたね。

仙台に住んでいるとよくメディアで見ていたせいか、まだ高校生のときのイメージしかありません。

でもあれよあれよという間に「すごい人」になってしまいました。

今日は紫綬褒章を受賞することも発表になりました。

引き続き大きなケガなく競技人生を送ってほしいと思います。

七十七銀行女川支店津波訴訟に判決

東日本大震災の津波によって、七十七銀行女川支店の屋上で死亡・行方不明になった行員ら3人の家族が同行に安全配慮義務違反があったとして、計約2億3000万円の損害賠償を求めていた訴訟の判決が、昨日仙台地裁でありました。

家族側の主張が認められず請求棄却という判決です。

「人命優先どこへ」という家族側の嘆きが河北新報の社会面に載っています。

今回の判決に批判的な方もいらっしゃるかと思いますが、私は判決を全面的に支持します。

気象庁が発表していた6メートルの津波予想に対して、高さ10メートルの支店の屋上に避難したわけですが、この避難行動のどこに落ち度があったというのでしょうか。

すぐ近くにもっと高い高台があったといいます。

しかし、それはたまたまの結果論です。

大川小のように、ずっと何もしないでもたもたしていたわけではありません。

また、家族側は「常に最悪の事態を想定すべき」と主張していますが、これが認められるとなれば我々の経済活動が成り立たなくなってしまいます。

突き詰めれば「頑丈な家に住んで、家から一歩も外に出るな」になってしまいます。

家族側は即日控訴の手続きをとったようです。

私には悲しみと怒りの矛先が違うようにしか思えません。

「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録決定

日本の「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録することが決まりました。

正式には「和食 日本人の伝統的な食文化」で、日本の無形文化遺産としては、歌舞伎、能楽などに続く22件目となります。

これで日本の和食に対する世界的な認知度が高まり、一度味わってみようという外国人観光客が多くなるのかもしれません。

年齢のせいだと思いますが、洋食よりも和食の方が好きです。

つねにダイエットを意識するようになってからは、なるべく1日1回は食事に納豆・味噌汁を取り入れるようにしています。

これも一応和食ですよね。

洋食もおいしいのですが、おいしいからこそ食べ過ぎてしまう傾向があります。

その結果、気づくと肥満体質に。

うちの息子もこのままだとマズイという感じになってきたので、最近はなるべく和食も取り入れるようにしています。

世界的に健康志向が高まれば和食に対する注目も比例して高くなっていくのではないでしょうか。

楽天市場、お買い物マラソン中止

今日10日から開催予定だった楽天市場の「お買い物マラソン」が中止となりました。

楽天イーグルス日本一セールで一部の出店業者が不当表示していた問題の影響と思われます。

この問題が発覚してからやはり楽天市場全体の売り上げが落ちたのでしょうか。

あれだけメディアで取り上げられると「楽天市場=価格がインチキ」というイメージが強くなってしまいます。

あくまでも憶測ですが、売り上げは落ちたものと思われます。

でも難しいのが売り上げが落ちた原因をどこに求めるかです。

2つ考えられます。

ひとつは、不当表示の問題。

もうひとつは、日本一セールの反動。

つまり、買い物しようと思っていた人がとりあえず日本一セールで買い尽くしてしまったということです。

どちらかひとつが原因なのか、両方が原因なのか、判断が難しいですね。

でも楽天市場としてはやることはひとつしかありません。

消費者から信頼されるサービスを提供し続けるということです。

災害への完璧な備え

昨日は災害のニュースが多かったです。

朝9時すぎに関東地方を中心に最大震度4の地震がありました。

栃木県で竜巻がありました。

愛知県・岐阜県で記録的な大雨になりました。

何度も行ったことがある名古屋の中心部が冠水している映像はショッキングでした。

これだけ災害が立て続けに発生するとやはり災害への備えが大事になってきます。

でも災害に備えて具体的に何をしておくかというのは難しいです。

いくら頭で考えても実際に経験してみないとわからないことが多いのです。

東日本大震災を経験して簡単な災害グッズをつくりました。

経験すれば何が必要かがわかります。

でも100%完璧な備えなどありえません。

「何とかなる」

こういう気持ちも必要だと思います。

災害から身を守る方法~住んでいる地域をよく知る

昨日埼玉県越谷市から千葉県野田市にかけて竜巻と思われる突風がありました。

60人以上のけが人、500棟以上の家屋に被害が発生しました。

日本にいると風による被害はあまり想像できませんが、実際の映像を見ると電柱が根っこから折れて家屋に倒れたりと信じられない光景がいくつもありました。

自然災害がほんとに多いように思えます。

日本のどこに住んでいれば安全なのか。

でも自然災害がないところなどないのでしょうね。

ご存知のとおり、仙台も東日本大震災で大きな被害を受けました。

それでも私は仙台が比較的安全だと思っています。

なぜでしょうか。

20年以上住んでいてもっともよく知っている地域だからだと思います。

災害から身を守る方法。

それはまず自分が住んでいる地域のことをよく知ることかもしれません。