カテゴリー別アーカイブ: 海外

謝罪の次は賠償

アメリカのケリー国務長官が昨日ソウルを訪れ、あちらの外相と会談しました。

日韓関係の改善についても話題になったようです。

しかし、韓国側は相変わらず戦後70年談話で「謝罪」の言葉が盛り込まれることを要求するという従来の主張を繰り返しました。

アメリカとしては正直なところ面倒臭いと感じているのではないでしょうか。

一番いいのはとっとと謝罪してしまうことです。

しかし、謝罪で満足しないのが韓国という国の面倒くさいところです。

次に要求するのは「それじゃあ賠償も」です。

ゴールポストは動くのです。

だから謝罪は決してしてはいけません。

というか、しなくていいのです。

その方があちらもいつまでも「反日」という心地よい風に当たっていることができるわけですから。

言い方を変えれば、韓国は反日のために存在しているという側面もあります。

反日は存在意義なのです。

意義を失わせてはいけません。

優しく「放置」しておいてあげるのがベストなのかなと思います。

CIMG8947

鯨肉は美味しいのか?

オーストラリアが南極海での日本の調査捕鯨の中止を求めてオランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)に訴訟を起こしました。

26日から口頭弁論が始まりました。

オーストラリアの言い分としては、日本の調査捕鯨の実態は国際法で禁止されている商業捕鯨だと。

もちろん日本は商業捕鯨ではないと主張することになるでしょう。

私も商業捕鯨ではないと思います。

スーパーで鯨肉はほんとたまにしか見かけませんから。

それに全然食べたいと思いません。

小さい頃に鯨肉の缶詰を食べたことがありますが、美味しかったという記憶はありません。

缶詰じゃなかったらもっと美味しいのかもしれませんが。

オーストラリアからしたら日本人は鯨肉が大好きというイメージがあるのかもしれないですね。

オーストラリア人がつねにコアラを抱っこしているイメージを私が持っているのと同じように。