月別アーカイブ: 2014年10月

洗い流さないトリートメント

白髪染めってやはりすごく儲かるのでしょうね。

ここ数年の間にも次々と新商品が出てきたように思えます。

とくにトリートメントタイプのものです。

以前は主流であった1剤と2剤を混ぜ合わせて使うものは頭皮とかに付着すると皮膚トラブルの原因になりやすいです。

だから利尻ヘアカラートリートメントやルプルプ(LpLp)などのトリートメントタイプのものは無添加やダメージゼロをうたっています。

さて、最近では利尻カラーシャンプーが大人気のサスティですが、トリートメントの新商品を発売していました。

「利尻ヘアクリーム」といいます。

もちろんお得意の利尻昆布エキスが配合されています。

使い方ですが、ヘアクリームを髪全体になじませて、その後にドライヤーをするだけです。

ヘアクリームの成分がドライヤーの熱と結合して傷んだ髪の補修をしてくれるというものです。

そうわけで「洗い流さないトリートメント」ということです。

楽天市場で購入できますが、2本以上で送料無料になります。

きちんと使うなら妻に買ってあげてもいいかなと思っています。

新聞なんてそんなもの

新聞に対する信頼感が低下しているようです。

公益財団法人の新聞通信調査会が行った8~9月に行った全国世論調査で、新聞の信頼感が「低くなった」と答えた人が昨年の5.6%から10.2%に増えたそうです。

8月5日に朝日新聞が過去の従軍慰安婦報道の一部を取り消しましたが、これが影響しているようです。

さらに朝日新聞は9月11日に福島原発事故に関する吉田調書に関する記事の誤りを認めましたが、この時点ではすでに調査は終了しています。

したがって、この後に調査を行えばさらに悪化した数字が出たものと思われます。

ひとくくりに朝日新聞の「誤報」問題が影響しているとされていますが、やはり「誤報」という表現には違和感を覚えます。

私の感覚からすると、誤報とはそれなりの取材・資料をもとに報道したが、結果的には誤りであったというものではないかと理解しています。

しかし、朝日新聞の場合は誤報とは次元が異なります。

明らかに事実を歪曲する意図が見えます。

自らの主義をもっともらしく主張するためであったのでしょう。

でも一歩引いて見れば、新聞なんて誰でも発行できるし、そこに書く内容なんて自由です(ただし自由には責任が伴います)。

所詮新聞なんてそんなものと思う必要があるかもしれません。

エンシェールズ・カラーバター※使い方・最安値価格【楽天・Amazon】

優先度高いのは白髪よりも薄毛

40年以上大きな病気とかケガをすることなく生きてきましたが、唯一の体の悩みといえば、髪の毛のことです。

ずばり白髪と薄毛です。

でも白髪については簡単に何とかなります。

白髪染めなんかは星の数ほどありますし、最近は「利尻カラーシャンプー」というシャンプーをしながら白髪染めもできるというものも出ています。

これに対し薄毛の方は簡単ではないです。

既存の髪の毛にパウダー状のものを振り掛けて薄毛を隠してしまうものもありますが、どうしてもそれだけは使いたくありません。

できることならきちんと自分の髪の毛を増やしたいと思っています。

育毛剤を使ってみたりシャンプーを変えてみたり、様々なサプリメントを飲んでみたりしましたが、あるひとつの答えにたどりつきました。

それは、禁煙しなきゃ話にならないということです。

もちろん喫煙をしていても髪の毛がふさふさの人はいます。

しかし、髪の毛を増やすために喫煙する人はいないはずです。

なぜなら、喫煙が体に悪い影響を及ぼすことは間違いないからです。

どんなにサプリメントを摂取しても、喫煙することで摂取した栄養素が台無しになってしまいます。

だからすぐにでも禁煙しなきゃいけないです。

でも簡単ではないです。

いまだに葛藤しながら喫煙と禁煙の間をさまよっています。