月別アーカイブ: 2013年6月

日本維新の会、野党がお似合い

橋下徹、石原慎太郎が共同代表を務める日本維新の会ですが、そもそも国政を運営するのは無理なんだろうなと思っています。

橋下氏は現大阪市長、石原氏は国会議員の経験はありますが前東京都知事。

国にあって地方にないもの、それは外交と国防です。

どんなに威勢のいいことを言っても、この外交と国防に関して期待を集められないと、国民はとても政権運営を任せられません。

ずっと野党のままでいてくださいなとなります。

参院選は日本維新の会にとってかなり厳しい結果になると思われます。

そこで橋下徹がどういう行動にでるか。

間違っても維新の会を潰すことはしてはいけません。

しっかりとした信念をもって訴え続けていくしかないのです。

バブルが起こらない理由

現在の日経平均株価の様子です。

乱高下が収まり、再度上昇に向かおうかという気配があります。

あくまでも気配ですが。

20130628nikkei

さて、株価が堅調に上がっていくとバブルを心配する声が多くなります。

でもあのときのようなバブルは起こらないと考えています(ほぼ断言)。

だってあのバブルそして崩壊を経験した人間がまだたくさん生きていますから。

だから株価が上がるとすぐバブルを懸念する声が出てくるわけです。

こういう声が出ているうちはバブルなんて起こりようがありません。

ある程度上がったら怖くなってすぐに売ってしまいますから。

つまりすべては予想の範囲内なのです。

本当に怖いのは、予想を超えたことが起きたときです。

たとえば、といっても予想できないことをここに挙げることはできません。

はい、以上。

リア・ディゾン日本での活動を再開

あのリア・ディゾンが日本での活動を再開していました。

グラビア撮影をしたり、ゲームのテーマ曲を歌ったり、イベントに出演したり、すでに精力的な活動をしているようです。

とりあえず私はこのことを知ってうれしく思っています。

数年前に結婚・出産を機に活動を中止し日本のメディアから消えたときはなんか不完全燃焼という感じでした。

それは本人だけでなくファンも。

熱心なファンではないけれど「リア・ディゾンかわいいな」と思っていた私でも「え~?」と思いましたから。

でもこうしてまた日本で活動することになってよかったです。

リア・ディゾン公式ブログを見るとかなり多忙な様子です。

やはり人気あるんですよね。

勝手な推測ですが、近いうちにサンジャポなんかにも出てきそうな雰囲気があります。

そのときはテレビにかじりついてしまうことでしょう。

鯨肉は美味しいのか?

オーストラリアが南極海での日本の調査捕鯨の中止を求めてオランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)に訴訟を起こしました。

26日から口頭弁論が始まりました。

オーストラリアの言い分としては、日本の調査捕鯨の実態は国際法で禁止されている商業捕鯨だと。

もちろん日本は商業捕鯨ではないと主張することになるでしょう。

私も商業捕鯨ではないと思います。

スーパーで鯨肉はほんとたまにしか見かけませんから。

それに全然食べたいと思いません。

小さい頃に鯨肉の缶詰を食べたことがありますが、美味しかったという記憶はありません。

缶詰じゃなかったらもっと美味しいのかもしれませんが。

オーストラリアからしたら日本人は鯨肉が大好きというイメージがあるのかもしれないですね。

オーストラリア人がつねにコアラを抱っこしているイメージを私が持っているのと同じように。

楽天・田中将大、開幕から無傷の10連勝

昨日の楽天対西武戦は、11-0で楽天イーグルスが大勝しました。

先発の楽天・田中将大投手が勝利投手で、開幕から無傷の10連勝となりました。

今季の田中投手の投球にはある傾向があります。

それは、ある程度バッターに打たせているということです。

以前は三振を狙っている感じがありましたが、三振でアウトをとるには最低でも3球が必要です。

しかし、打たせてアウトをとるなら1球でもできるわけです。

これは登板の間隔が短いメジャーでの投球を意識して、なるべく球数を少なくしようとしている試みなのかもしれません。

やはり早ければ今シーズン終了後にもメジャー行きの動きがあるのでしょうね。

そうであるならリーグ優勝くらいは達成してから行ってほしいですね。